• Title

    ユーザーの「聴覚」へ訴えるマーケティング ~急成長する音声メディア活用の最前線~

  • Date
    2020年2月20日(木)16:00~17:15(15:30受付開始)

テレビ、新聞、雑誌、交通広告などのマス広告、そしてインターネットの普及に伴って発展したデジタル広告においても、マーケティングコミュニケーションの主戦場は「ユーザーの視覚をいかに奪うか」にありました。

しかし、Spotifyやradikoなどの強力な音声プラットフォームの登場や、ASMRの流行に代表されるように、ユーザーの「聴覚」に対する企業の注目が集まりつつあります。
先進的な企業ではすでに、音声広告、ポッドキャスト、プレイリストマーケティングといった取り組みを始めています。
音声広告の代名詞といえばラジオ広告でしたが、デジタル化することによって音声を活用したマーケティング手法にも新たな選択肢が生まれつつあります。

本セミナーでは、トライバルメディアハウスで音(音楽)を活用したマーケティングを専門とするマーケティングレーベル「Modern Age/モダンエイジ」が現在のマーケティング環境の分析に始まり、「音」が注目されている背景や、「音」をいかに自社のマーケティングへ取り入れるのか事例を元にご紹介します。

Overview

名称
ユーザーの「聴覚」へ訴えるマーケティング
~急成長する音声メディア活用の最前線~
日時
2020年2月20日(木)16:00~17:15(15:30受付開始)
場所
株式会社トライバルメディアハウス
〒104-0061 東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
定員
60名
参加費
無料
主催
株式会社トライバルメディアハウス Modern Age/モダンエイジ事業部
申込締切
2020年2月10日(月)17:00
※申し込み締め切り後に抽選を行い、別途メールにて参加の可否をご連絡します。
 開催一週間前までにメールが届かない場合は、事務局へお問い合わせください。
※同一企業・部署で多数のお申し込みがあった場合は、お断りさせていただくことがあります。
 また、同業者の方はご参加をお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。
※トライバルは、本セミナー開催中の様子の撮影および録音を行い、資料または販促物・広報物への使用、
 あるいはホームページ等の関連媒体や第三者メディアへの掲載を行う場合があります。あらかじめご了承ください。

このような方におすすめです

・ブランドの商材・サービスを今以上にリーチさせたいと考えている方
・効果的なブランドプロモーションを実施したいと考えている方
・生活者の記憶に残るブランドイメージを作りたい方

Time Table

15:30 ~ 16:00

受付
※本人確認のため、名刺をご用意ください。

16:00 ~ 17:15

講演
『ユーザーの「聴覚」へ訴えるマーケティング ~急成長する音声メディア活用の最前線~』

登壇者:株式会社トライバルメディアハウス
Modern Age/モダンエイジ事業部
事業部長/レーベルヘッド
高野 修平

※プログラムは予定です。内容は一部変更する場合がございますので、ご了承ください。

登壇者紹介

  • 株式会社トライバルメディアハウス
    Modern Age/モダンエイジ事業部 事業部長/レーベルヘッド 高野 修平

    株式会社トライバルメディアハウス所属。『Modern Age/モダンエイジ』事業部 事業部長/レーベルヘッド。
    チーフコミュニケーションデザイナー、クリエイティブディレクター。 トライバルメディアハウス内にある日本初のブランドマーケティングと音楽マーケティングを融合させたマーケティングレーベルを設立。ナショナルクライアント、テレビ局、音楽配信会社、映画配給会社、レコード会社、アーティストといった幅広いエンターテインメント業界を支援している。最新刊は『始まりを告げる《世界標準》音楽マーケティング』M-ON番組審議会有識者委員、尚美学園大学非常勤講師。‬

Contact

本セミナーに関するお問い合わせ先

株式会社トライバルメディアハウス
Modern Age/モダンエイジ事業部 菅野(かんの)・内山
Tel  03-6369-0800
Mail seminar@tribalmedia.co.jp

Mail Magazineメルマガ登録フォーム

トライバルメディアハウスのセミナー情報、お役立ち記事や資料の更新情報、キャンペーン情報などをお送りします。必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックして下さい。
送信ボタンをクリック後に、登録完了メールが届きます。万が一、メールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、大変お手数ですが、再度入力をお願いします。