• Title

    【Webセミナー】SNSでは、どんなブランドコミュニケーションが必要か? ~もっと好感を得るブランドになるための考え方~(事業会社限定)

  • Date
    2021年12月9日(木)15:00~16:00
  • Entry

ソーシャルメディアやSNSでの評判に、企業やブランドに対するイメージが大きく影響を受けています。

ブランドコミュニケーションを考えるにあたり、ソーシャルメディアやSNSの存在を無視できないいま、企業やブランドはどのようなコミュニケーションを設計すれば生活者や顧客から好感を得ることができるのでしょうか?

また、各プラットフォームで特性やユーザー属性が異なり、クチコミのされやすさや内容も違うことから、自社商品・サービスに合ったコミュニケーションをどのように考えればいいのでしょうか?

本セミナーは、「企業やブランドはSNSでどんなコミュニケーションが必要か?」をテーマに、ソーシャルメディアやSNSでコミュニケーションしていくときに役立つ考え方を網羅的に解説します。

・ソーシャルメディアやSNSは、ブランドにどのような影響を与えているのか
・各プラットフォームの特性やユーザー属性の違いを踏まえた、最適なコミュニケーション設計
・アカウント運用やインフルエンサー施策などのプロモーションを行うときにおさえておくべきポイント
など、宣伝・広報・マーケティング担当者は必見の内容です!

ソーシャルメディアのアカウント運用に携わる方はもちろん、新商品発売時のプロモーション施策を検討している方から中長期的なブランディングの打ち手を検討している方まで、ぜひご参加ください。

※本セミナーは事業会社(広告主)の方のみご参加いただけます。個人、学生の方は参加をお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。

Overview

名称
SNSでは、どんなブランドコミュニケーションが必要か?
~もっと好感を得るブランドになるための考え方~
日時
2021年12月9日(木)15:00~16:00
参加費
無料
主催
株式会社トライバルメディアハウス
申込締切
2021年12月7日(火)12:00
※開催前日にWebセミナー(Zoom)の聴講方法をお送りいたします。メールが届かない場合は、事務局までお問い合わせください。
※セミナーはリアルタイムでご聴講ください。セミナー終了後に録画した動画の公開は行いません。
※事業会社(広告主)の方のみご参加いただけます。個人、学生の方は参加をお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。

このような方におすすめです

・ソーシャルメディアのアカウント運用に関わっている方
・直近でソーシャルメディア・SNSにおけるプロモーションを検討している方
・もっと好感を得るブランドになるためにはどうすればいいのか、模索している方

Time Table

15:00 ~ 16:00

講演:
SNSでは、どんなブランドコミュニケーションが必要か?
~もっと好感を得るブランドになるための考え方~

 
登壇者:
マーケティングデザイン営業部部長
チーフプロデューサー/Spark! 所長
鳴海 まい

※プログラムは予定です。内容は一部変更する場合がございますので、ご了承ください。

登壇者紹介

  • 株式会社トライバルメディアハウス
    マーケティングデザイン営業部部長 チーフプロデューサー/Spark! 所長 鳴海 まい

    トライバルメディアハウス マーケティングデザイン営業部長。チーフプロデューサーとして製薬・エンタメ・ファッション・オーディオメーカーなどのソーシャルメディアマーケティングやプロモーション、イベント企画・運営業務に携わる。
    ミレニアル世代のトレンドとソーシャルメディアをテーマとした研究グループ「Spark!」を設立し、所長を務めるほか、宣伝会議の「ティーンズマーケティング講座」にも登壇。

Entry Form

本フォームでご入力いただいた個人情報は、トライバルメディアハウスからのセミナー・採用・イベントなどのご案内に使用いたします。

Contact

本セミナーに関するお問い合わせ先

株式会社トライバルメディアハウス
マーケティングデザイン事業部 平井(け)・井上
Tel  03-6260-6628
Mail seminar@tribalmedia.co.jp

Mail Magazineメルマガ登録フォーム

トライバルメディアハウスのセミナー情報、お役立ち記事や資料の更新情報、キャンペーン情報などをお送りします。必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックして下さい。
送信ボタンをクリック後に、登録完了メールが届きます。万が一、メールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、大変お手数ですが、再度入力をお願いします。