プレスリリース2019/07/24

オリジナルの働き方改革 「Fun Work」で柔軟な働き方や働きがいを感じる環境整備・強化へ

「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」をミッションに掲げるトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、オリジナルの働き方改革「Fun Work(ファンワーク)」を通して、柔軟な働き方や働きがいを感じる環境を整備・強化いたします。

Fun Workとは

2019年4月に厚生労働省が施行した働き方改革関連法案を受けて開始した、トライバルオリジナルの働き方改革。「柔軟な働き方/生産性向上」と「働きがいを感じる環境整備」を軸に、新しい7つの取り組みを推進します。
 
なかでも「働きがいを感じる環境整備」では、個人の市場価値向上にも寄与できるよう考慮し、自ら学び成長する意欲のあるスタッフが“働きがい”や“仕事へのやりがい”をより感じることのできる取り組みを開始いたします。
 

 

新しい7つの取り組み紹介

■柔軟な働き方/生産性向上
 
・ワークスタイル選択制度
出産・育児・介護などと仕事の両立に悩むスタッフのフォローを目的に、それぞれの環境や意思を会社と相談したうえで勤務時間を1カ月単位で複数プランから選択できる制度(条件あり)。
 
・SHOT BIZ(ショット ビズ)
2013年より導入されている、5年間働くと1カ月間の特別休暇を取得できる「浮世離れ休暇制度」取得促進のため、休暇中に業務が発生した場合は休暇の一時中断を柔軟に受け付ける取り組み。気軽に長期休暇をとってもらい、リフレッシュしてさらなる活躍に繋げてもらうことが狙い。
 
・どこジョブ
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が、東京都および関係団体と連携して行う「テレワーク・デイズ」に賛同し、2019年7月22日(月)~9月6日(金)の期間にチームやプロジェクト単位でのテレワークを導入。
 
 
■働きがいを感じる環境整備
 
・武者修行制度
一定期間他社へ出向し、自社で得られない経験をしながらこれまで培ったスキルをアウトプットすることで、スタッフの成長を促すための制度。
・ライジングスター制度
スタッフ個人の情報発信(ブログや書籍執筆、講演など)をセルフブランディングの一環と捉え、インセンティブを支給する制度。
 
・M!NT(ミント)
スタッフが抱いている夢や想いを新規事業という形で提案・実現できる制度。昨年度から試験的に実施し、2019年度からは本格的に導入。
 
・Tribal Award
上期・下期の終わりに、売上などに貢献したスタッフやプロジェクトを表彰する取り組み。
 
 
トライバルはこれからもスタッフがより柔軟な働き方で、働きがいを感じる環境を整備できるよう、制度や取り組みを充実してまいります。
 
 
————————————-
会社概要
社名:株式会社トライバルメディアハウス
本社所在地:東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
代表取締役社長:池田紀行
事業内容:デジタルマーケティング事業
http://www.tribalmedia.co.jp/
————————————-

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧