プレスリリース2018/12/19

Instagramユーザーの ハッシュタグ利用状況を把握・分析する新サービス「#Finder」の提供開始

「マーケティングでワクワクした未来をつくる」をミッションに掲げるトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、ソーシャルメディア特化型サービスシリーズ「Social Transformation Series」の第二弾として、「#Finder(ハッシュタグファインダー)」の提供を開始いたします。

サービス提供の背景

日本国内におけるInstagramの月間アクティブアカウント数は、2018年9月時点で2900万人を突破しました。昨年10月に発表された2000万人から約1年で45%増と急成長しており(※1)、企業の宣伝・広報・マーケティング担当者からも注目を集めています。さまざまな商品・サービスの情報が投稿され、ユーザーの4人に1人がハッシュタグ検索で情報を収集している(※2)状況ですが、企業・ブランドの担当者はユーザーがどのようなハッシュタグをどのように活用しているのかを目視でしか確認・分析することができません。トライバルはこうした状況に着目し、担当者がユーザーのハッシュタグ利用を把握し、マーケティングに活用するための新サービス「#Finder」をローンチいたしました。
 
※1 参考:Facebook newsroom(https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/11/japan_maaupdate/
※2 参考:ITmedia マーケティング(http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1811/05/news050.html

「#Finder」とは

「#Finder(ハッシュタグファインダー)」は、対象のハッシュタグを1万件収集・分析し、レポーティングするサービスです。対象のハッシュタグを調べることで、以下のような課題を解決します。
 
・ 自社のサービスやブランド、商品がユーザーからどのように語られているのかを知りたい
・ どんなハッシュタグと相性が良いのか把握し、SNS運用に役立てたい
・ 市場や時事ワードなどのビッグハッシュタグから、キャンペーン企画や設計のヒントを見つけたい
・ 競合のブランドや商品、キャンペーンのハッシュタグを分析したい
 
ユーザーが対象のハッシュタグをどのように使用しているのか把握することで、企業・ブランドにおけるマーケティング戦略や多様なデジタルコミュニケーション施策(SNS運用におけるハッシュタグ選定など)の企画・立案・実施などに活用いただけます。

▼ 「#ランニング」で収集・分析したサンプルレポート

料金

「#Finder」 1ハッシュタグ ¥350,000(以下の①~③を含みます)
① 集計(1万件の投稿取得/集計/分析)
② レポート作成
③ 打ち合わせ・営業諸経費
※一度に2ハッシュタグ以上ご依頼いただいた場合は、ボリュームディスカウント対象となります。
※金額はすべて税抜です。
 

「Social Transformation Series」とは


ソーシャルメディアマーケティングのリーディングカンパニーとして多くの企業を支援してきたトライバルでは、これまで以上に、そしてより効果的にソーシャルメディアを企業のマーケティングに活用していただくため、2018年11月から2019年3月まで、サービスシリーズ「Social Transformation Series」として、毎月ソーシャルメディアに特化した各種支援サービスをローンチいたします。
 
第一弾は、Twitter社の広告メニュー「プロモトレンド」を最大化させる「Boost Trend(ブーストトレンド)」の提供を開始いたしました。今回提供を開始する第二弾は、「#Finder」です。第三弾以降も、トライバルが培った知見を活かしたサービスを展開してまいります。
 
※Instagramの名称とロゴはInstagramの商標です。
 
 
————————————-
会社概要
社名:株式会社トライバルメディアハウス
本社所在地:東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
代表取締役社長:池田紀行
事業内容:デジタルマーケティング事業
https://www.tribalmedia.co.jp/
————————————-

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧