2019/05/17

LINE@からLINE公式アカウントへ! アカウント移行に伴う5つの疑問を解説


 
こんにちは。トライバルメディアハウスの高松です。現在、さまざまな企業のLINEのマーケティング活用を支援しています。
 
2019年4月18日から、いよいよ「LINE@」アカウントから「LINE公式アカウント」への移行が開始しました。
 
従来のLINE@がLINE公式アカウントにサービス統合されることは、すでにLINE社やさまざまなニュースなどで紹介されているためご存じの方も多いと思います。
そこで今回は、LINE@からLINE公式アカウントへの移行にあたってよくご質問いただく内容をまとめました。

〔1〕アカウントの移行時期は?

LINE@からLINE公式アカウントへの切り替えは2019年4月18日にスタートしており、2019年5月中旬からは8月18日までの移行期間内であれば任意のタイミングで切り替えが可能です。
 
移行作業を行っていない場合は、8月19日以降LINE社の判断で順次サービスの移行が実施されます。その場合、現在利用しているLINE@の料金プランにかかわらず、アカウントはすべてLINE公式アカウントのフリープランになります
 

出典:LINE for Businessを基に筆者作成
 

〔2〕アカウントを移行した場合、これまでの友だちはどうなるの?

アカウントの友だちは、移行前後で変わることはありません。従来通り、友だちとコミュニケーションを取ることが可能です。また、管理ツールを利用している場合も移行前のアカウントから友だちのデータは引き継がれるため、同じようにツール経由でコミュニケーションが可能です。
※詳細は各種ツールの提供企業にお問い合わせください。
 

〔3〕利用できる機能は?

新たなLINE公式アカウントでは、契約プラン(フリー、ライト、スタンダード)に関係なくすべての機能が利用できます。LINE@では有料プランでのみ対応していた「リッチメニュー」や「リッチメッセージ」も、もちろん利用可能です。
 
<旧プラン機能一覧>

 
 
<新プラン機能一覧>

出典:LINE@公式ブログを基に筆者作成
 
 
オプションになりますが、LINE公式アカウントではすべてのプランで以下の2点を利用することもできます。
 
■Messaging API
■すべての広告プラン
 
これまでLINE@では利用できなかった(利用できるプランが限られていた)APIや広告の制限がなくなることで、より自社のニーズにマッチしたアカウント運用が実現します。
 
ーーーーーーーーーーーーー
アカウント統合に伴う機能変更、プラン、料金などは、ブログでもご紹介しています。
【改めて確認したい!】LINEアカウント統合まとめ
ーーーーーーーーーーーーー
 

〔4〕新たなLINE公式アカウントでは「セグメント配信が重要になる」と聞くけれど、どうやってセグメント配信するの?

LINE公式アカウントに対応しているセグメント配信は、2種類あります。
 
(1)APIを利用し、ユーザー情報を用いたセグメント
Messaging APIを利用することで、友だちのIDを基にメッセージを配信することができます。
メッセージの配信対象も1人単位で設定可能で、アンケートなどと連動することで幅広いマーケティング施策に活用することができます。利用にあたっては配信システムの開発もしくはLINE社が定めるパートナー企業による配信システムの導入が必要です。
 
(2)LINEの「みなし属性」を用いたセグメント
Official Account Manager上から行うことができます。ただし、これはあくまで「みなし」なので、セグメントや配信対象者数を細かく設定することができません。
 
ーーーーーーーーーーーーー
セグメント配信についてもブログでご紹介しています。
LINEで効果的なコミュニケーションを生み出すセグメント分けとは?
ーーーーーーーーーーーーー
 

〔5〕セグメント配信を行うためのツールを導入したら、すぐにセグメント配信ができるの?

セグメント配信を行うには、友だちになっているユーザーにまず“何かしらのアクション”をしてもらう必要があります。例えばアンケートに回答してもらう、シンプルにメッセージを配信してもらう、などです。
 
導入後すぐに詳細なセグメント配信を行うことはできないので、「いずれセグメント配信を検討したい」と考えている場合は、セグメント配信を開始する前にツールの設定などを行っておくとスムーズに対応することができます。
 
 
今回のアカウント統合は、これからの企業アカウント運用に大きな影響を与えます。
とくにLINE@の場合は2019年8月18日までという短い移行期間ではありますが、しっかりとアカウント運用の目的や計画を立てることができれば、これまで以上に効果的な運用を実現することが可能です。
 
トライバルメディアハウスでは、アカウントの運用目的の再整理から、運用のアドバイジング、セグメント配信を行うツールの提供までトータルでサポートしています。どうぞお気軽にお問い合わせください。
 
 
■LINE公式アカウントの管理とターゲット配信に対応したツール 「Engage Manager for LINE」
 
 
============
セミナー開催のお知らせ
2019年6月4日(火)「【LINE@/新規開設の方向け】LINEサービス統合に伴う、これからのアカウント運用について 」と題して、これからアカウントの切り替えを控えている、アカウントの開設を検討している方を対象にセミナーを開催!
 
本セミナーでは、『アカウント統合の概要』や『運用にあたっての考え方』『どのようなシステム環境が必要なのか』についてお伝えします。
アカウントやプランの切り替えを検討している方、アカウント開設を検討している方もぜひご参加ください!
 
お申し込みはこちら
============

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧