2019/02/06

数字だけ追いかけてませんか? いまこそ見直したいInstagramの効果測定


 
こんにちは。Spark!の久保 杏菜(くぼ あんな)です。
 
多くの企業が年度末を迎えるにあたり、SNS運用の見直しを検討している担当者の方も多いと思います。今年度の見直しや来年度以降の効果的な運用を行うにあたり、ここで一度効果測定について考えてみてはいかがでしょうか?
 
今回は、SNSのなかでも最近特に注目されているInstagramの効果測定についてご紹介します。

■運用目的は明確ですか?

Instagramに限らず、ソーシャルメディアマーケティング(以下、SMM)を行う上で重要になるのは、運用目的が明確になっているかということです。
 
SMMを含むデジタル施策では、リーチ数やエンゲージメント数をはじめさまざまなデータが取得できるため、目的が明確になっていないと「(目的を達成するために/達成したと判断するためには)どのデータをみたらいいのかわからない」という状況に陥ってしまうことも少なくありません。
 
たとえばデジタル施策の目的としては、「想起率の向上」や「ブランド好意度の向上」、「購入意向の向上」などが挙げられますが、InstagramにはECサイトに誘導できる「ShopNow」機能があることから、「売上」を目的におく傾向もあります。
 
運用目的は何か、また、目的が曖昧になっている場合は改めて見直してから効果測定を行いましょう。

■必ず抑えておきたい!KGIとKPIについて

目的を明確にしておく重要性がわかったら、さっそくInstagram運用目的に合わせたKGIやKPIの考え方と指標について確認しましょう。
 
Instagram運用の目的(達成したいこと)を「KGI(Key Goal Indicator)」、KGIに影響を与える指標を「KPI(Key Performance Indicator)」とすると、それぞれ次のような図で表すことができます。
 

 

KPIを測定する目的は、KGIを検証するためです。必ずKGIとKPIを関連づけることを意識して設定をしましょう。Instagramを効果的に活用するためには、このKGIとKPIをちゃんと整理した上でPDCA(Plan・Do・Check・Action)を回す必要があります。

■KPI測定で重要な分析軸って?

KGIを達成するために、まずは(PDCAを回すための)KPI測定を行いましょう。測定を行う前には、分析する軸を確認しておくことが大切です。ここで、分析の軸をいくつかご紹介します。
 
(1)カテゴリー別分析
自社の投稿を複数のカテゴリーに分類し、そのカテゴリー別に分析を行うと、それぞれの内容に応じた測定をすることができます。さらに、カテゴリー内やカテゴリーごとにさまざまな時間帯や曜日で投稿・分析すると、よりエンゲージメントを獲得しやすい傾向が把握できます。
 
一般的に投稿が見られやすいと言われている時間帯は、他社の投稿も集中する可能性が高いため、自社にとって効果的な時間帯分析を行った上で運用してください。
 
(2)他アカウントとの比較分析
自社アカウントの状況を正確に把握するためにも、他社や他ブランドのアカウントと相対的に比較してみましょう。管理ツールなどを活用し、競合やフォロワー数が同規模の企業などと比較することもオススメです。
 
(3)ハッシュタグ分析
最近のInstagramは、ユーザーが検索目的で活用する傾向があるため、ハッシュタグを活用している企業も多いと思います。ハッシュタグ検索で表示された回数をインサイトから確認できるため、検索された際に投稿がリーチするよう日ごろからインサイトの内の数値も追っていきましょう。
 
ただし、これらの分析軸を用いて数値だけを追いすぎると、PDCAを回すことを目的だと勘違いしてしまう、いわゆる手段の目的化が起きてしまうこともあります。ここでは、あくまで一歩下がった視点で数値を分析し、改善していくことがポイントです。

■目的達成を把握するKGI調査

PDCAを回しながら効果的な運用ができたなら、最低でも年に一度はKGIを検証し、目的が達成できているかを確認します。
 
KGI調査ではアンケート調査などを実施して、運用がいかに「商品やブランドの想起」「好意度の向上」「購入/利用意向の向上」といったKGIに寄与したのかを明らかにすることができます。この手法は、Instagramアカウント戦略の見直しや運用改善にも有効です。
 
(ちなみに……トライバルメディアハウスでは、Instagramに限らず各ソーシャルメディアプラットフォームのKGI調査を年間延べ20~30件実施しています!)
 

 
 

 
 
いかがでしたか? 今回は、Instagramの運用を改善するための効果測定についてご紹介しました。効果測定に悩んだら、まずは上記の方法から始めてみてはいかがでしょうか?
 
それでは最後に、Instagramの効果測定に関する特別パッケージのご紹介です!
 
 
【特別パッケージ】KGI Research with #Finder
フォロワーに対してアンケート調査を行う「KGI調査」と、1万件の投稿からハッシュタグ活用を明らかにする「#Finder(ハッシュタグファインダー)」と組み合わせたパッケージです。
※先着5社限定のサービスです。2019年3月までにご発注いただいた企業様に限ります。
 
サービスについては、下記フォームよりお問い合わせください。
https://tribalmedia.satori.site/contact

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧