2018/08/01

メッセージ配信だけじゃない! キャンペーンプラットフォームとしてのLINE活用

トライバルメディアハウスでマーケティングにおけるLINE活用を支援している高松です。
 
いまや日本で重要なコミュニケーションインフラとなったLINEですが、アカウントを通じたメッセージ配信だけでなく、キャンペーンプラットフォームとしても多くの企業が活用していることはご存じでしょうか?
LINEアプリ内でキャンペーン応募を完結させることができる&応募結果の通知までシームレスで行える点は、企業のキャンペーン運用を容易にするとともにユーザーにとっても負担の少ないキャンペーン実施につながっています。
 
そこで今回は、LINE上でのキャンペーンにスポットを当てて、キャンペーンプラットフォームとしてのLINE活用方法をご紹介します。
 
 

《LINE サンプリング》

LINEユーザーに向けた商品認知~店舗での受け取りまで、LINEアプリ内でワンストップで行うことができます。
キャンペーンに参加したことを参加者がタイムラインにシェアすることでキャンペーンの情報が拡散され、それを見たユーザーの参加流入を見込むことができるので、大規模なキャンペーンにも向いています。サンプリング商品の受け取り方法は、ユーザーの行動に合わせてコンビニエンスストアや自社店舗、配送などから選択することが可能です。
ユーザーそれぞれが持つ固有のLINE IDで参加管理を行うため、不正防止や後追いプロモーションをしやすいというメリットもあります。
なお、このLINE サンプリングはLINE公式アカウントを開設していない企業でも実施することができるので、多くの企業の関心を惹きつけるサービスといえるでしょう。
 


※LINE社 LINE サンプリング媒体資料より抜粋

 
 

《LINE インスタントウィン》

QRコード※1が付与された対象商品を購入し、QRコードを読み込みことでキャンペーンに参加できるサービスです。
イメージとしては、その場でアタリ・ハズレがわかるスクラッチくじのデジタル版。
購買促進やトライアル促進に適したキャンペーンプラットフォームとして活用することができます。応募と同時にタイムライン上でキャンペーンに参加したことがシェアされるため、直接購入していないLINEユーザーの認知向上も期待できます。こちらも、キャンペーン参加者に対して後日別のプロモーションを実施することが可能です。
※1「QRコード」は、デンソーウェーブの登録商標です。
 


※LINE社 LINE インスタントウィン紹介ページより抜粋

 
 

《LINE マイレージ》

商品の複数購入・継続購入の訴求キャンペーンにマッチしやすいサービスです。
ユーザーが購入した対象商品からQRコード※1を読み取ることでアプリ内のシール台紙にシールが貯まっていき、景品が当たる抽選などに応募することができます。こちらも、リアルで似たようなキャンペーンがありますね。
※1「QRコード」は、デンソーウェーブの登録商標です。
 


※LINE社 LINEマイレージ 媒体資料より抜粋

 
 

《LINE Beacon》

店舗や施設などにLINE Beaconを設置することで、LINEアカウント経由でユーザーと接点を持つことができます。
店舗の近くにいるユーザー・来店したユーザーのスマホへクーポン配布を行う、動画や特別なコンテンツを配信する、といった取り組みを実現します。もちろん「友だち追加」を促すことも可能です。たとえば、ユニクロは大型店舗に来店してくれたユーザーや近くを通りかかったユーザーに対してお得な情報を配信しています。
 


※画像はイメージです

 
 
LINE内で実施するどのキャンペーンにも共通するのが、ユーザーが簡単に応募できるということ。応募にあたってのID/パスワードの入力や会員登録などが不要という応募ハードルの低さは、キャンペーン参加者の拡大にも一役買っていると考えられます。
 
多くのキャンペーンではLINE公式アカウントがなくても実施することが可能ですが、(キャンペーンへの参加をきっかけに)参加者へ後日別のプロモーションを訴求することもできるという点は、ユーザーと継続的な関係が続けられるメリットとも捉えることができます。
 
トライバルメディアハウスでは、こうしたキャンペーンの実施サポートやキャンペーンを通じて獲得した友だちとの継続的な関係を築くための提案を行っています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
 
 
—–
LINE ビジネスコネクトを活用したマーケティング支援の特設サイトはこちら
 
LINE ビジネスコネクトを活用したサービスの企画・運用事例はこちら
 
LINEのAPIに対応した、ソーシャルメディアアカウント統合管理ツール「Engage Manager」はこちら
—–

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧