2017/01/20

今日から積むのやめます。

最近、お子さん界隈ではこどもちゃれんじいろっちなるコンテンツが流行っているそうです。あかっち・あおっち・きいろっちなど、色にちなんだキャラクターが登場するもよう。
自分のあだ名が定まらないことに悩んでいた広報担当エエィですが、T田パイセンから「せっかく名前にが入ってるんだから、いろっちにあやかってお前も“っち”をつけたあだ名にしたらいいよ(※実際はもっと優しく言われています)」とアドバイスをいただいたので、さっそく社内チャットのアイコンから“っち”感を醸し始めました。これであだ名が定着したら、T田パイセンの勝ちです。焼肉おごろう。

どうせなら“っち仲間“を増やしてやろうと友人たちの名前に“っち”を付けてみたのですが井上だけはどうやっても「ジャ●ーズ」感が拭えませんでした。

イノッチ……

悔しいのでもう一文字加えてみましたが、

イノウッチ……

もはや「忠敬」感が前面に出すぎて井上どこいった状態になったので、他人への“っち”付与については一切考えないことにします。伊能忠敬氏の測量には感謝していますが、今じゃないんで。

前置きがだいぶ長くなりましたが、今回はこどもに負けず大人もいろいろちゃれんじしてこーぜ! というお話。近ごろ積ん読率が高くなってきたので、積ん読解消にちゃれんじです。

積みたくて積んでる訳じゃないのに……積んじゃダメだ積んじゃダメだ積んじゃダメだ!

んー……じゃあ積まない生活を目指したらいいんじゃない? ということで、トライバルに入社してはじめて図書館の利用を決意しました。借りたものは返さないといけない大原則(人として)があるので、積ん読対策には有効なはず。利用するのは、図書館開設サービスリブライズによって開設された社内図書館「トライバル図書館(TMH図書館)」です。

\ドンッ/
%e5%9b%b3%e6%9b%b8%e5%ae%a4
図書室って書いてあるけど、気にしない気にしない。

善は急げ、さっそく借りてみます。

①スマホで「リブライズ」にアクセス&Fbアカウントでログイン
img_6000

②スマホに表示される「Fb利用者カード」と借りたい本を持って、図書委員に声をかけます。
肩慣らしに、雑誌「Discover Japan 1月号」を借りてみました。魅力的なニッポンの一流品特集です。メイドインジャペァーン!
img_622

③図書委員が「Fb利用者カード」と本のバーコードをピピッと読み込んで、手続きは終了!
img_6229

公共図書館などの「図書カード」がスマホの「Fb利用者カード」にかわっただけで、借りる流れは同じ。
便利ダナー。これなら思う存分積まない生活ができそうだ!

リブライズでは、カフェやコワーキングスペース、大学の研究室から個人まで、本が集まる場所を図書館(ブックスポット)として登録することができます。こんな場所で本貸し出してるんだ~! という新たな発見もあったり、ラジバンダリ。ヤル気と少しの初期投資さえあれば、図書館オープンも夢ではありません。
貸したい人も借りたい人も気軽に利用できる図書館サービス、面白いです。

2017年は積まずに本を読むぞオオォォォー! ジャスティス!!!

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧