2014/03/27

【クチコミ分析】Twitterユーザーがアクティブな曜日と時間を調査してみた

一般的に「タイムラインに流れる20%~30%のツイートしかユーザーは目にしていない」と言われていますが、Twitterアカウント運用担当者の方であれば、できる限りユーザーがアクティブなタイミングでツイートして、リーチできる確率を上げたいという思いは共通のものではないでしょうか?

そこで、ユーザーがTwitterを利用しているタイミングに関する調査結果が見つからなかったので、ユーザーのTwitter利用を「曜日別」「時間別」「年代別」にクチコミ分析ツール「ブームリサーチ」を活用し調査をしてみました。

なお、年代別にもTwitterをアクティブに活用していることを調査するために、各年代で共通に使われていると想定される「RT」というキーワードの出現数(ツイート数)を用い調査を行いました。

調査概要

調査対象媒体 Twitter
調査対象 「RT」が含まれるツイート
調査期間 2014年2月1日~2014年2月28日
調査方法 クチコミ分析ツール「ブームリサーチ」を利用

 

調査結果

▼曜日別のツイート数を調べると、平日に比べ土日の方が1.2倍のツイートが発生していることがわかった。また、平日の中では金曜日が最も多くツイートされていた

140327_chart_01

上のグラフをご覧いただくと、平日に比べ土日の方が1.2倍ほどツイートされていることが分かります。平日に比べ土日のアクセスが減少するメディアがある中で、Twitterは土日もアクティブに活用されていることがうかがえますね。

 

▼時間別のツイート数を調べると、朝方に比べ、夜に3倍近くツイートされていることがわかった

140327_chart_02

時間別で調査してみた結果、6時頃から緩やかな上昇を見せ、夜の22時に最大値となる推移を見せました。

朝方とランチタイム、夜の時間帯で大きな山が3つできるであろうと仮説を立てておりましたが、多くのツイートが夜に集中していることが判明しました。

 

▼平日と土日のツイート数を調べると、 朝5時~7時を除き、すべての時間帯において土日が平日を上回ることがわかった

140327_chart_03

表1の通り、土日の方が平日よりも1.2倍多くRTをされている中で、朝5時から7時の時間帯のみ平日の方が多くツイートされていました。土日の方がTwitterユーザーの始動が遅いことが予想されますね。

 

▼年代と時間ごとのツイート数を調べると、夜の時間帯における20歳未満のツイート数は他の年代を圧倒的に引き離す結果となった

140327_chart_04

20代未満以外の年代では特筆すべき違いはありませんでしたが、20代未満だけ特徴的なツイート数の推移を見せました。

特に、9時から15時にかけて一定数で推移していることが見て取れ、これは20歳未満のユーザーの割合の多くが学生であることから、授業中の時間帯ではTwitterの利用を控えていると考えられます。一方で、夜の時間帯では他の年代を大きく引き離して利用している様子が伺えます。

 

* * * * * * *

 

以上、今回は、Twitterユーザーがいつアクティブなのかを、曜日、時間、年代という切り口で調査してみましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひ、自社アカウントの投稿タイミングを検討される際の参考にしてみてください。

それでは、また次回!

 


【クチコミ分析ツール「ブームリサーチ」について】

国内のTwitter・ブログ・掲示板などのソーシャルメディアに日々投稿される膨大な口コミ情報を毎日3500万件以上、総数約100億件(※2014年4月末日現在)リアルタイムに収集・分析することができるソーシャルメディアの分析ASPツールです。
本エントリーでも活用したクチコミ分析機能をはじめ、Twitter、ブログ、2ちゃんねる、掲示板等のクチコミ数と、テレビやネットニュースの露出数との相関をみることができるクロスメディア分析機能なども搭載しています。


ブームリサーチの詳細はこちら

 

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧