2014/03/06

Facebookページのタイムライン画像表示サイズの、仕様変更について(2014年2月版)

eyecatch_0306

2013年12月中旬以降、Facebookページの投稿画像の表示サイズが仕様変更になり、タテ長、ヨコ長の画像もトリミングされることなく表示されるようになりました。

以前本ブログでアップした以下記事では、Facebookページに投稿する際の最適な画像サイズと形に関してお伝えしましたが、今回の仕様変更で何が変わっているのかについて検証してみました。

【参考】Facebookページの投稿画像、最適な「サイズ」と「形」とは(2013年12月版)
http://www.tribalmedia.co.jp/blog/?p=1644

 

従来と何が変わったか

今回変更になったのは、「PCのタイムラインでの画像表示サイズ」のみです。PCのニュースフィードや、スマートフォンでの表示については上記12月の記事時点から変更はありません。

※Facebookページのタイムラインとは
Facebookで情報を閲覧する際、大きく分けてニュースフィードとタイムラインの2種類があります。皆さんが普段目にしている、友達や企業の投稿が一覧できる箇所をニュースフィードといいます。一方、特定の友達や、特定の企業のFacebookページの情報のみが掲載されている箇所をタイムラインといいます。

これまで、タテ長やヨコ長の画像を投稿した場合、PCのニュースフィードでは画像全体が(サイズが大きい場合は縮小されて)表示されましたが、タイムラインでは正方形にトリミングされ表示されていました。

しかし、今回の仕様変更で、タイムラインでもニュースフィード同様に、トリミングされずに全体が表示されるようになりました。

 

実際にどう表示されるのか

それでは、実際にタテ長とヨコ長の画像をそれぞれタイムライン上に投稿した場合にどう表示されるのか、「これまで」と「仕様変更後」で対比すると、以下のようになります。

 

タテに長い画像の場合 ※画像をクリックすると拡大します

投稿画像(タテ1,000px X ヨコ400px) 

sample_1000x400

矢印

result_1000x400

 

ヨコに長い画像の場合 ※画像をクリックすると拡大します

投稿画像(タテ500px X ヨコ800px)

sample_500x800

矢印

result_500x800

 

まとめ

今回の仕様変更により、PCのタイムラインは、ニュースフィードと同様、どのような画像でもトリミングされることなく、全体が表示されるようになりました。

ただし、スマートフォンではこれまでと同様、ニュースフィード・タイムラインともに、タテ長の画像は正方形にトリミングされてしまいます。

そのため、画像を投稿する際は、従来同様、下記サイズを使用されることをオススメします。

● 720px X 720px以上の正方形

●タテ720px X ヨコ960px以上の、タテ:ヨコ=3:4の長方形

* * * * * * * *

それでは、また次回!

 


【ソーシャルメディア統合管理ツール「エンゲージマネージャー」のご紹介】

ソーシャルメディアの運用業務をシンプルにするために生まれた、まったく新しい純国産ソーシャルメディア統合管理ツールです。企業のあらゆるソーシャルメディア公式アカウントを一元的に管理し、日々の運用から戦略的な意思決定まで、ソーシャルメディアに携わる方々を強力にサポートします。現在、国内大手企業を中心に100社以上のソーシャルメディア運用担当者に採用されています。

ソーシャルメディア運用担当者の運用効率向上や運用最適化、効果測定レポート作成にお役立ていただけるツールです。ぜひお気軽にお問合せください。


エンゲージマネージャーの詳細はこちら

 

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧