2013/03/08

【まとめ】デジタルマーケティング関連注目トピックス 2013.3.8

先週一週間を振り返って、当社メンバーの間で話題になった押さえておいて損のないデジタルマーケティング関連のトピックスを、まとめてご紹介します!

①NTTドコモがGPSやFeliCaではなく“音波”を利用したO2Oプラットフォーム「ショッぷらっと」を発表!

参考URL:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130227-00000001-trendy-bus_all

NTTドコモからGPSやFelicaではなく、音波を利用したO2Oサービス「ショッぷらっと」が発表されました。従来、O2Oサービスといえば、GPSやFelicaを利用したものがほとんどでしたが、GPSでは施設内などで顧客の場所を特定するのが難しく、FeliCaではリーダーを探してもらわなくてはいけませんでした。「ショッぷらっと」では専用の音波発生装置を店舗に置いてもらい、約10m範囲に専用音波を発し、スマホに読み取らせて解決しようという試みのようです。

「ショッぷらっと」は今後、都内の店舗中心に試験サービスを実施し、8月以降に本サービスを実施するとのことで、今後の動向に注目ですね。

② H.I.S.と「カカオトーク」がコラボキャンペーンを開催!

参考URL:http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130228/prl13022814290072-n1.htm

2月末から、H.I.S.はカカオトークでコラボキャンペーンを開催しました。「カカオフレンズ」が企業とコラボレーションするのは世界初の試みのようです!今回のキャンペーンでは、カカオトークのアカウントを持っていて、H.I.S.の公式アカウントをフォローしている人ならば参加でき、ソウル、台北、香港の各往復航空券および、1,000円から10,000円までのH.I.S.クーポン、オリジナルスタンプを含め、最大75万人に景品が用意されているとのこと。

LINEを利用した企業のキャンペーン施策が増えている中、カカオトークを利用したキャンペーンも同様に増えていくのか注目です。

③バレンタインに髭剃りの必要性を訴求したスペインの男性用カミソリブランド「Wilkinson sword」の屋外広告がスゴい!

参考URL:http://youtu.be/_gm35ccGI8k

スペインの男性用カミソリブランド「Wilkinson」がバレンタインにパリで実施した屋外広告“Smooth Valentine’s Day”。

通りに男性の顔の鼻から下だけ(しかも、髭もじゃ)が映った風変わりな屋外広告(ボード)が出現。気になった通行人が男性の髭を抜くとバラが現れるというサプライズな仕掛けを施しています。そして、バラと一緒に、「Wilkinson」のロゴと以下のメッセージが書かれたカードが現れます。

『パートナーとの 関係を常に望ましい状態に保つためには、自身の髭を整えるといったちょっとした努力は必要不可欠ですよ。』

髭剃りの必要性の訴求と自社のブランドイメージ向上を同時に成功させた非常に上手い施策だと思いました!

④ソーシャルメディアに投稿された写真を追跡して、ブランド・ロゴの使用状況を確認できる画像認識ツール「gazeMetrix」がアメリカでスタート!

参考URL:http://wired.jp/2013/02/27/gazemetrix-logo-scanning/

「gazeMetrix」は、ソーシャルメディアに投稿された写真を追跡して、ブランド・ロゴの使用状況を確認できるツールが誕生したようで、現在「コカコーラ」、「ナイキ」などの大手ブランドが使用しているとのことです。

現在は「Instagram」上の画像が分析の対象になっているようで、instagram上でブランド・ロゴが現れた含まれた写真の表示回数の分析や、幸せそうな写真か、それとも退屈さや不満が詰まった写真なのかなどのポジネガ分析も可能だそうです!今後、ブランドのイメージ調査などを行う際の有効な手法の一つになる可能性がありますね。

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧