プレスリリース2017/10/17

トライバルメディアハウス、SnSnapとともにLINEを活用したパッケージの提供を開始

-リアルイベントとソーシャルをつなぐフォトプリントサービスでLINE活用、新たな体験価値を実現-
 
マーケティングデザインカンパニーの株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下:トライバル)は、このたび株式会社SnSnap(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:西垣雄太、以下:SnSnap)とともにLINEを活用したサービスパッケージの開発・提供を開始いたしました。

 

 
サービスパッケージ開発・提供の背景
これまでトライバルは、ソーシャルメディアやデジタル活用を推進する戦略コンサルティング支援やインタラクティブプロモーションの企画・実行、企業やブランドの熱狂的ファンとのミートアップイベントなどを通して、さまざまな企業のマーケティング活動を支援してまいりました。
このたび、ソーシャルメディア時代における数多くのマーケティング支援実績のあるトライバルと、人々の大切な瞬間をより特別で輝くものにすることをビジョンとし、ソーシャルメディア時代における写真というビジュアルコミュニケーションツールを軸にさまざまな顧客体験を手掛けてきたSnSnapが、企業のプロモーション活動における新たな顧客体験を創造すべく、LINEとSnSnapを組み合わせたサービスパッケージの開発・提供を開始いたしました。
今後は、両社でサービスパッケージの販売だけではなく、イベントの企画運営も含めトータルでサポートを行ってまいります。
 
 
サービスの概要
カメラサービス「#MirrorSnap」を利用し、ユーザーが撮影した写真や動画をLINEで簡単にユーザーへ送信することができます。写真や動画には、企業の要望に合わせて、ブランドロゴや商品写真などのアレンジを加えることも可能です。LINEアプリでユーザーが企業のLINEアカウントの「友だち」になることが写真受け取りの条件になるため、イベントに参加した熱量の高いユーザーを対象とした”友だち獲得”に寄与するだけでなく、イベント参加者に対して他の友だちとは異なるメッセージを配信し、企業や商品のプロモーションを行うことが可能となりました(LINE ビジネスコネクト セグメント配信機能活用)。
※#MirrorSnap、#MirrorSnap Pro、#SwingSnap利用時のみのサービスです。
 
 

 
 
#MirrorSnap(ミラースナップ)とは?
「#MirrorSnap」は、限定のフレームやスタンプ、アニメーションのついた画像・動画を撮影することができるカメラサービスです。撮影したデータはリアルタイムで受け取ることができるため、利用者はSNSへの投稿もスムーズに行うことができます。
 
 
料金
・LINE公式アカウントをすでに開設済みのお客様:80万円~
・LINE ビジネスコネクトをすでにご利用中のお客様およびこれからLINE ビジネスコネクト利用やLINE公式アカウント開設を検討されるお客様は別途お問い合わせください。
※スポットでの利用も可能です。
 
 
《株式会社SnSnap》
所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビル 303号室
代表取締役/CEO:西垣雄太
業務内容:O2Oマーケティングサービス、デジタルサイネージ、広告事業、サイト開発
http://snsnap.co.jp/
 
 
※LINE、LINE ビジネスコネクトはLINE株式会社の商標または登録商標です。
 
————————————-
会社概要
社名:株式会社トライバルメディアハウス
本社所在地:東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
代表取締役社長:池田紀行
事業内容:デジタルマーケティング事業
http://www.tribalmedia.co.jp/
————————————-

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧