2017/10/25

「熱狂ブランドサミット 2017」開催報告


 
「マーケティングの未来を議論する機会をつくりたい」という想いからはじまった「熱狂ブランドサミット」が、今年も開催されました。
「なぜ、顧客から熱狂的に愛されることが重要なのか?」「どうすれば、自社ブランドを熱狂ブランドに育てることができるのか?」をテーマに、全9セッションを展開。当日は、約500名のお客さまにご来場いただきました。
 
———————————————-
熱狂ブランドサミット2017
 
【主催】株式会社トライバルメディアハウス
【日程】2017年10月24日(火)
【時間】13:00~19:50(受付:12:30)
【参加費】無料
【会場】ベルサール九段(住友不動産九段ビル3F)
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-10
http://www.tribalmedia.co.jp/summit2017/
———————————————-
 
 
基調講演
弊社代表 池田と井手 直行氏(株式会社ヤッホーブルーイング よなよなエール”愛の伝道師”兼 代表取締役社長)による「熱狂的ファンを生み出す熱狂社員の育て方。ヤッホー流熱狂経営術の秘訣に迫る」
 

 
<掲載メディア>
■ITmediaマーケティング:「熱狂ブランドサミット 2017」レポート
「よなよなエール」の飛躍を支える熱狂ファンと熱狂社員の育て方
 
■HANJOHANJO
熱狂的ファンを生み出すヤッホーの戦略とは?/熱狂ブランドサミット2017
 
 
 
A-1
「ファンベース ~マーケティングのこれから~」
佐藤 尚之氏(株式会社ツナグ コミュニケーション・ディレクター)にご登壇いただきました。
 

 
<掲載メディア>
■ferret
「自社の情報は、知らない人にとって砂の1粒と同じ」-佐藤尚之(さとなお)氏が「ファンを大事にするべき」と語る理由
 
 
 
A-2
サービス・マネジメント:「価値づくり」の未来
藤川 佳則氏(一橋大学大学院国際企業戦略研究科 准教授& MBA Program, Academic Affairs担当)にご登壇いただきました。
 

 
<掲載メディア>
■HANJOHANJO
新しい“レンズ”で新しい価値をつくる/熱狂ブランドサミット2017
 
 
 
A-3
世界一愛される航空会社へ。JALが取り組む熱狂戦略の裏側に迫る!
山名 敏雄氏(日本航空株式会社 コーポレートブランド推進部 Webコミュニケーショングループ長)、松﨑 志朗氏(日本航空株式会社 IT運営企画部 技術戦略グループ 主任 兼 W-PITリーダー)にご登壇いただき、弊社 田中陸也がモデレーターを務めました。
 

 
 
 
A-4
「北欧、暮らしの道具店」「ことりっぷ」に聞くファンに愛されるブランドのつくりかた
青木 耕平氏(株式会社クラシコム 代表取締役)、平山 高敏氏(株式会社昭文社 デジタルメディア事業本部 ことりっぷWebプロデューサー)にご登壇いただき、弊社 池田がモデレーターを務めました。
 

 
 
 
B-1
熱狂がもたらすブランド価値とは?20業界200ブランドを対象に行った調査結果を大公開
弊社 チーフストラテジストの豊田 義和が登壇しました。
 

 
 
 
B-2
「無印良品」と「フライング タイガー コペンハーゲン」が創るブランド体験価値とは?
風間 公太氏(株式会社良品計画 WEB事業部コミュニケーション担当)、柘野 英樹氏(Zebra Japan株式会社 マーケティング部長)にご登壇いただき、弊社 井手がモデレーターを務めました。
 

 
 
 
B-3
ポーラ「APEX」がマス広告を止めた理由 ~顧客との関係を重視する戦略へ~
菅 千帆子氏(株式会社ポーラ APEX ブランドマネジメントチーム APEXブランドマネジャー)、望月 亮氏(株式会社ポーラ 宣伝部 コーポレートコミュニケーションチーム チームリーダー)にご登壇いただき、弊社 松井、高野がモデレーターを務めました。
 

 
 
 
B-4
熱狂顧客を生み出す現場力。ヤッホーが多くのファンを魅了する裏側を徹底解剖!
佐藤 潤氏(株式会社ヤッホーブルーイング FUN×FAN団 団長)にご登壇いただき、弊社 高橋はモデレーターを務めました。
 

 
 
 
最後に
大変ありがたいことに、昨年の「熱狂ブランドサミット」以降熱狂ブランドマーケティングに取り組んでくださる企業さまが徐々に増え始めています。同時に、専門的な話や他社事例をもっと知りたい、というご要望をいただく機会も増え、「それならば学びの一日を提供しよう!」と今回規模を拡大して開催する運びとなりました。
 
アンケートでは、多くのお客さまから「いろいろな企業の事例を学ぶことができた」、「新しい気づきを得られる場になった」といったご意見を多くいただき、大変嬉しい限りです。また、皆さまが熱心に耳を傾けていらっしゃる姿を拝見し、今回のサミットを通じて「熱狂ブランドマーケティングに取り組んでみたい!」と思ってくださる人が一人でも増えれば……と切に願っています。
 
来年も「熱狂ブランドサミット」の開催を予定しておりますので、ぜひご期待ください!

お役立ち資料
ダウンロード

SNSアカウント/
ブログ一覧